体幹トレーニング、まだ身体を固めていますか?

「体幹トレーニング」というと、いわゆるプランクやサイドプランクなどの身体を固定するトレーニングを思い浮かべる方が多いように感じます。筋肉を収縮させ、姿勢を維持するこれらのトレーニングは身体の引き締めや魅せる筋肉には有効ですが、身体をしなやかに使う必要のあるアスリートにはあまり有効とは言えません。

スポーツは動くことが前提なので、トレーニングでは「固めていく」、「筋肉を収縮させる」という部分にばかり着目せず、「動きづくり」をしていくことが必要です。そのためには無駄な力みをなくし、いかに一瞬で力を発揮するかを考えていくことが重要です。
IMG_3104

身体全体を連動させて動くためには、1つの筋肉や部位に頼らない

身体の操作では、背骨を中心とした1本の軸での動き(中心軸動作)と左右の股関節上にできる2本の軸での動き(二軸動作)があります。これらの軸を上手に使い分け、切り替えられるようになってくると身体の動きが驚くほどなめらかに、しなやかになってきます。
このあたりについてはブログに詳しく書いておりますので、ぜひご一読ください。

軸感覚ができるとひとつの筋肉に頼ることがなくなり、様々な筋肉を連結させて使うことができるようになります。
9D0D1DA8-376B-484A-B4D8-5E7379891D37
442F8345-B0AB-44C9-9379-E25FD6397C4A

例えば、「前ならえ」をしてそのまま手を先に伸ばそうとすれば、肩甲骨を離す「前鋸筋」とそれに付着している「腹斜筋」も働くのが感じられます。このように、様々な筋肉を連動させて使うことで、重いものが楽に持てたり、楽に高くジャンプすることができるようになります。重いものを1人で持つのは辛いですが、大勢で持てば楽ですよね?そのイメージです!

体幹部は動かなくてはならない

「体幹を使う」という言葉をよく耳にしますが、体幹部に力を入れガッチガチに固めることを指して使われているケースが多いように感じます。体幹部が固まっていると、四肢が頑張ることになり、身体の末端部に負荷がかかって故障の原因になります。世界の一流選手は体幹部を固め過ぎずに緩め、結果的に「体幹部から力を上手に発揮する」ことができているのです。
また、筋トレというと、どの筋肉を意識してということばかりがフォーカスされがちですが、アスリートは絶えず身体を動かして高いパフォーマンスを発揮しなくてはなりません。ひとつの筋肉に頼る場面なんてほとんどありません。

もちろん、筋肉を意識できることは大切ですが、身体の繋がりを考え、身体操作のトレーニングをしていくことが上達への近道だと考えています。
スタジオコアでぜひ、体幹の意識を変えませんか?本当の動ける身体を獲得しましょう!